背中にきび 治療

ホルモン治療のメリット

ホルモンバランスの崩れによりニキビの発生している人だけではなく、ほかのニキビ治療で効果が
得られなかった人にも向いていると言われています。

ピルなどの仕様により黄体ホルモンを抑制し、テストステロンなどの男性ホルモンに効果を及ぼします。この男性ホルモンの異常分泌により、ニキビが発生しているので、これらを抑制していくことは、ニキビ治療の近道なのかもしれません。
しかし、体内のホルモンに様々な影響を及ぼすことから、以下のようなデメリットもありますので
参照してください。

ホルモン治療のデメリット

ホルモン治療を受けるには年齢制限があります。20歳以上の女性に限っています。
検査も行いますが、項目の中には保険適用外のものもありますので高額になることが考えられます。
吐き気やおう吐、バストが張ってきたり、頭痛などの副作用を起こす頃があります。
その他にも、ふくらはぎに痛みが出たり、息切れや目のカスミなどが出た場合には迅速に医療機関にかかる必要性が出てきます。
不正出血をすることもありますので、その際も医療機関にかからなくてはなりません。
また婦人科系のガンが発生するケースもまれにありますので、要注意だといえます。
正直にいって、ニキビの治療のためだけに、これだけのリスクを背負うのは、賢い方法だとは
思えません。 これであれば、内的治療よりも外的治療の方がはるかに安全ですし、体に及ぼす影響も少ないのではないでしょうか。




管理人が58日で成功した背中ニキビ ジェルの詳細を見る>

↑ PAGE TOP