背中ニキビ ピーリング

ケミカルピーリングのメリット

ケミカルピーリングには、主にサリチル酸が利用されています。
閉じた毛穴を開いて角質を除去来る効果が大きいのと、ピーリングの痛みが少なくて炎症が
起きる可能性も低くなっています。

ただし、これはサリチル酸を溶かしている溶液にマクロゴールというものが使用されている場合になります。
乳酸でのケミカルピーリングであれば、角質を溶かして肌の新陳代謝を整えてくれます。
メラニンなどの色素沈着の改善にも期待が出来ますし、皮膚の浅いところに作用を及ぼします。

ケミカルピーリングのデメリット

以前、ケミカルピーリングに使われていたサリチル酸は、肌への刺激も強いうえに、ピーリング後に炎症を起こすという事例もありました。痛みも伴いますので、少しつらいかもしれません。これはサリチル酸を溶かしている溶液のエタノールによる副作用です。
角質を除去する以外には、あまり効果はないものとされています。
コストも高いので、費用対効果の面ではあまりお勧めはできません。
乳酸については皮膚の浅い部分にしか作用しませんし、サリチル酸と比べて、痛みなどはないものの、ニキビ対策としての効果はあまり期待できない部分があります。
ケミカルピーリングのみの施術を受けるのではなくイオン導入や保湿なのの組み合わせになっているものを利用した方が、背中ニキビ対策として十分な効果を発揮するのではないでしょうか。




管理人が58日で成功した背中ニキビ ジェルの詳細を見る>

↑ PAGE TOP