背中ニキビ 市販薬

市販薬を利用して治療する

背中ニキビの治療に、市販薬を利用される方もいらっしゃると思います。
自分で塗るのはなかなか難しいのですが、主に使われるのは、オロナイン軟膏やクレアラシルなどではないでしょうか。
しかし、これはニキビのタイプによっても使い分けをしなくてはいけないのです。
症状として比較的軽い黒ニキビ・白ニキビは、角質溶解させるものが成分として入っているものが効き目もあるようです。
塗り薬の市販薬には、アクネ菌を殺菌・死滅させる「ベンゾイル過酸化物」というものが配合されています。まれに、この成分に対して敏感な人がいますので、パッチテストを行ってから使用した方が良いでしょう。
皮膚に浸透しやすくバクテリアの代謝を阻害します。皮脂の分泌も抑制することから、ニキビのもとになりやすいものを抑えてくれる効果も期待できます。
本来であればクリームや軟膏よりもローションタイプのものの方が効果はてきめんです。

費用と効果

オロナイン軟膏なら800円程度、クレアラシルでも1500円程度で購入することができます。
しかし塗り薬などの市販薬を利用する場合には、医療機関のように短期では治療が難しく、長期的に考える必要性が出てくるかもしれません。
価格に関しては、医療機関よりも、格段に安価にはなっています。
深刻な状況ではないということであれば、まずは市販薬を試してみてもいいかもしれませんね。




管理人が58日で成功した背中ニキビ ジェルの詳細を見る>

↑ PAGE TOP