ニキビ ビタミンB

ニキビとビタミンBの関係性~ビタミンBが欠乏すると

ビタミンBが欠乏すると、脂肪が燃焼しなくなります。そうすると燃焼できなかった脂肪が体の細胞に貯めこまれます。毛穴から皮脂として出そうということになり、皮脂の分泌が過多になります。
ニキビは、この多すぎる皮脂の分泌によって引き起こされてしまいます。
ストレスによっても、ビタミンBは働きが悪くなるとも言われています。
ビタミンCの働きを助ける効果もありますので、ビタミンBも欠かせない成分だと言えるでしょう。
ただ単にビタミンCだけを摂取するのではなく、合わせてビタミンBも必須成分になっていますので意識して摂取した方が良いです。

効果的なビタミンBの摂取について

食品から、摂取することもできますし、サプリメントも効果的だと言われています。
主に摂取するのは、ビタミンB2やビタミンB6が必要とされています。
ビタミンB2には、皮脂の分泌を抑制する効果があり、これを多く含む食品としては、レバーや魚、卵や牛乳などタンパク質が多いものに含まれています。
他にもわかめ、納豆、ワカサギ、玄米、キュウリなどにも含まれています。
また、ビタミンB6については、代謝を上げて新しい皮膚を生成します。
これを多く含む食品としては、レバー、バナナ、大豆、さんま、カツオ、牛乳、ホウレンソウ、しいたけなどの食材に、たくさん含まれています。
食事で摂取しにくい方は、サプリメントを利用するのもよいでしょう。




管理人が58日で成功した背中ニキビ ジェルの詳細を見る>

↑ PAGE TOP