活性酸素

活性酸素とは

活性酸素は、老化や病気を引き起こす原因の90%とも言われています。
活性酸素はビタミンCも破壊しますので、メラニンを定着させます。
紫外線に当たることにより活性酸素が発生してしまいます。
皮脂を酸化させる効果があります。
強い酸化力を持っており体が「錆びる」という状態にしてしまいます。
活性酸素という名前から、酸素が活性化しただけと思うかもしれませんが、実は、人間の体にとっては悪玉でしかないのです。できるだけ活性酸素の発生しない生活をするようにしなくてはいけません。

ニキビとの関係

皮脂を酸化させることから、毛穴の皮脂にも影響があります。
毛穴にたまった皮脂が活性酸素によって黒図伝でしまうことにより、黒ニキビを発生させます。
また、ビタミンCも破壊されますので、ニキビができやすく、また治りにくい肌の状況にもなっていきます。
ニキビになると思われる活性酸素の主な発生原因には、紫外線に当たることでメラニンが増えることや、喫煙などによるビタミンCの破壊、などが考えられます。激しいスポーツやストレスなどでも活性酸素の増加がみられますので、このような点に注意することにより、ニキビを防ぐことは十分に可能だと思います。原因となるものに関しては出来るだけ避けるようにしてください。
ニキビの予防や、もしニキビができても治療がうまくいけば良いのですが、ニキビ跡になってしまうと最悪です。




管理人が58日で成功した背中ニキビ ジェルの詳細を見る>

↑ PAGE TOP