背中ニキビ 原因 ホルモン

背中ニキビが、思春期にできやすい理由は?

思春期には背中だけではなく、顔などにもニキビができやすいです。
これは、男性ホルモンなどによって皮脂の分泌が増えることが原因となっています。
通常、大人になると、ある程度は治まってくる のですが、そのままの状態ですと大人になってもニキビには悩まされることになります。
ニキビ自体が出来るのには、思春期にこのホルモンのバランスを崩しやすいことから、顔だけではなく背中ニキビも、かなり影響を受けて出てくることになります。
過剰な皮脂によってニキビ菌は増えることになります。そうすると、さらにニキビが増えやすくなっていきますので、悪循環が生まれます。

関係しているホルモンについて

主に男性ホルモンであるアンドロゲンというホルモンが活発になります。
これが皮脂を多く分泌させていきます。女性の場合は月経前にニキビが、ひどくなるようですが、
これは女性ホルモンよりもアンドロゲンの働きが上回ってしまうことにより、皮脂の調整が
出来なくなるためです。
アンドロゲンは男性ホルモンと呼ばれますが、女声でも卵巣から分泌されています。
女性の場合には、月経前は特に背中ニキビもできやすくなりますので、こまめな入浴が必要になるでしょう。
一定のサイクルによって、ホルモンによる皮脂の分泌が変わりますので、知識があれば対処の方法もわかってくると思います。
月経が終わるころには、大体の背中ニキビも治まってくるのです。




管理人が58日で成功した背中ニキビ ジェルの詳細を見る>

↑ PAGE TOP